あなたの都道府県: 東京都
都道府県の選択
函館信用金庫

銀行について

ATMと支店

他の都道府県にあるオフィス:
北海道地方
東北地方

カードローン人気ランキング

銀行詳細

正式名称: 函館信用金庫

銀行コード: 1012

種類: 北海道財務局

本店所在地: 北海道函館市大手町2-7

Swiftコード: なし

為替略称: ハコダテシンキン

英語正式名称: Hakodate Shinkin Bank

電話番号: 0138-22-1247

銀行のウェブサイト: http://www.hakodate-shinkin.jp/

設立: 1924年(大正13年)7月10日

カスタマーレビュー

レビューが見つかりませんでした。

銀行について

銀行について:

函館信用金庫(はこだてしんようきんこ、英語:Hakodate Shinkin Bank)は、かつて存在した、北海道函館市に本店を置く信用金庫。

概要


函館市に本店・本部を置き、支店は函館圏2市3町(函館市・北斗市・七飯町・木古内町・知内町)にそれぞれ構えている。そのうち北斗市・七飯町・知内町は指定金融機関にしていた。一方、函館市については渡島信用金庫とともに指定代理金融機関となっていた(函館市の指定金融機関は北洋銀行)。

しかし、函館信用金庫は2007年・2008年・2009年・2010年4年連続の赤字を計上(同じ道南地域を拠点とする渡島・江差の両信用金庫も2008年3月末は赤字を計上している)。主な要因は資産査定の厳格化による貸倒引当金の積み増しや中小企業の倒産が相次いだことが理由にある。このため経営安定度を示す自己資本比率も、2007年3月期の7.91%から2009年3月期には5.67%まで急激に低下していた。

自己資本比率が4%近くまたは割れをした場合、金融庁から業務改善命令あるいは伊達信用金庫が行ったような資本増強策として道内の信金に優先出資証券の引き受けを打診するかのどちらかが余儀なくされ、道南の信金は苦しい経営を強いられた。

2007年1月には、函館市電の電停ネーミングライツ制度のスポンサー企業第一号として契約し、魚市場通電停の副呼称に「函館信金本店前」を付けて供用していた。

2017年1月、江差信用金庫(本店 江差町)と対等合併を発表し。当信金は消滅法人となったが、合併後の本部機能は2本部体制となる予定であり、現状維持される。合併後の名称は、道南うみ街信用金庫となった。

合併にともない、統一金融機関コードは存続庫側の1014に、支店コードは従来の番号に20を足したものに変更され、本店以外の店舗・支店名は変更されない。口座番号などは原則変更されないため、通帳やキャッシュカードはそのまま利用可能だが、合併後の明細の印字が、合併後のものではなく、エンボスに記載された通りに印字される(統一金融機関コードや支店コードなどの記載)ため、必要に応じて交換に応じる。

なお、当庫側の本店の名称は、合併後は函館中央営業部となった。


ウィキペディア: リンク

問い合わせ先
函館信用金庫

ATMの数でで最大の銀行

ATMの数で
地域を変える